東つつじヶ丘の歯科医院「あすか歯科クリニック」は、なるべく削らない、抜かない歯医者さん

あすか歯科クリニック つつじヶ丘

電話03-6909-0811

滅菌と院内感染対策


キッズスペース
世界最高クラスの滅菌
当院で使用する器具は、クラスB滅菌器による滅菌で治療の準備をし、治療後は使い捨てにしています。また給水管内除菌システムを採用し院内で使用する水も全て除菌しています。当院では特に虫歯や歯周病菌の感染防止を徹底し、最大の注意を払っています。

世界最高クラスの滅菌

クラスBとは


クラスBとは
歯科医院の滅菌では、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)が広く使用されています。オートクレーブは、上から(B)⇒(S)⇒(N)…とクラス分けされていますが、多くの一般歯科医院で導入されているオートクレーブはほとんどがクラス(N)です。
クラスBオートクレーブとは、ヨーロッパの基準EN13060に準じたオートクレーブのことを表します。このEN13060とは「あらゆる種類の滅菌物(固形、包装、多孔性、中空のある物)を完全に滅菌できる」ということを意味しております。
インプラント等の外科処置はもちろん、すべての診療においても「より感染しにくい環境で治療が受けられる」ことになります。滅菌のレベルを引き上げることは口腔内の環境に大きく影響するため、非常に重要です。

ハンドピースの滅菌について
当院では、歯科切削用ドリルを回す機器「ハンドピース」をクラスBに準拠したオートクレーブで滅菌を行ったあとに一つ一つ滅菌パックをして使用直前に開封、患者さんお一人おひとりの治療ごとに交換を行っております。
ハンドピース以外にも、すべての治療器具において、患者様お一人おひとりの使用後に必ず滅菌を行っております。当院のオートクレーブは通常のオートクレーブ機器よりも滅菌のレベルが上がります。

ハンドピースの滅菌について

患者さんごとのグローブ交換


患者さんごとのグローブ交換
当たり前のことですが、使用する医療用グローブ(使い捨てゴム手袋)は、その都度患者さん毎に交換をしております。決してお口の中を素手で触ったり再利用することはいたしません。
これは基本的なルーチンワークで、一日で出るグローブの廃棄の量も多いのですが、これをしっかりすることで高い院内感染の防止を実現できます。

tokucho02.jpg

精密根管治療

肉眼では判断できない細部や奥まった患部も、高拡大することで、鮮明に確認でき、精度の高い治療につながります。

もっと見る

tokucho01.jpg

世界最高クラスの滅菌

世界で最も厳しい基準をクリアした滅菌器を導入しています。器具に付着した細菌を完全に滅菌し、衛生管理の徹底を行っています。

もっと見る

tokucho03.jpg

キッズスペース

お子様連れの方も安心して通院いただけるよう、絵本やおもちゃのあるキッズスペースを完備しています。

もっと見る

tokucho04.jpg

カウンセリングスペース

診療室とは別に、ご相談スペースをご用意しています。周りを気にせずに、お口のお悩みをご相談していただけます。

もっと見る